痔の手術リアル体験記byタカぴょん

痔の手術を4回した経験を踏まえた、生々しくかつ面白く痔について物語るブログです。

【痔の手術リアル体験記】血行改善!NHK「美を創るミネラル!マグネシウムの実力」より

ラリホータカぴょん21です。

 

前回に引き続き、NHKBSプレミアムより「美と若さの新常識 美を創るミネラル!マグネシウムの実力」の番組内容をお伝えしていきます。前回では、「マグネシウムでウェストは細くなる」「マグネシウムで便秘が改善する」などについてお届けしましたが、今回はその続編としてお送りします。

 

f:id:takapyon21:20190420165749j:plain

NHKBSプレミアムより

マグネシウムアンチエイジングのかなめ!』

マグネシウムには筋肉を柔らかくする効能があるそうです。スポーツ選手も足がつったりするのを防止するために、飲料に入れて練習や試合中に摂り込んでいるとのこと。汗といっしょにミネラルも出ていってしまいますからね。マグネシウムは筋肉をゆるめ、またカルシウムは筋肉を縮ませる働きを持っており、双方をバランスよく摂取することが大事です。

 

なんと血管にも筋肉があるんだそうですが、マグネシウム摂取によってしなやかな血管の維持、血液の流れの改善につながるらしいです。年をとったり、栄養不足に陥ると血管が硬くなり、その結果、血流の悪化を引き起こします。また同時に血管が細くなってしまい、うっ血や全身の老化、ひいては動脈硬化なぞにもつながってしまうとのこと。血行不良も痔の大敵ですから、ぜひ参考にしたいですね。

 

f:id:takapyon21:20190420165951j:plain

NHKBSプレミアムより

マグネシウム入浴で潤い肌に...』

痔の件とはちょっと離れてしまいますが、耳寄りな話なのでこれも説明していきます。マグネシウム肌の水分量を保ち、肌に潤いを与える働きもあるそうです。いわゆる美肌効果ってやつですね。温泉に行くと確かにマグネシウム泉ってありますよね。

番組では、「牧野ステテコ」って女芸人(イッテQで見たことあるぞ。)がモニターとして登場。まずは病院で顔の肌を測定すると、数値は36。レベル感がよくわかりませんが、大変低いということ。カメラで接写すると、皮膚の角層がめくれあがっているところが多く見られ、素人目にも悲惨に映りました。本人も皮膚が突っ張る感がよくある、と言ってます。

 

ここから実験モニタリング。2週間自宅の浴槽に硫酸マグネシウムを投入して入浴です。時間はしっかり15分。半身浴よりは短時間でしょうか。結果、数値は見事に50までアップ!カメラで見ても角層のめくれがなくなり、見た目もなんだかすべすべそうになってました。恐るべしマグネシウムパワー。

 

実際のところ、マグネシウムを主成分とした入浴剤も多く出回っているようです。「エプソムソルト」死海の塩」が紹介されていました。よく目にする花王の「バブ」なんかにもマグネシウムは含まれているようですが、圧倒的に含有量が違うそうです。「死海の塩」はマグネシウム濃度が普通の海水の30倍!マジか!

 

皮膚科の先生によると、「毎日37度のお湯に15分つかる。」これでお肌はツルツルになるそうです。いやー、ほんとにすごいですね、マグちゃんは。マグマ大使と呼んでもいいですね。(また古いネタですいません。)

それにしても若槻千夏は、年取ってより魅力的になってやがんなー。やっぱいいわー、キャラも含めて。いいネボタン3つ押します...

 

マグネシウムの効用をまとめると、

①あらゆる細胞を活性化、おなかのぜい肉を減らしメタボや糖尿病予防に必須!

中性脂肪を分解、また便を軟らかくして便秘スッキリ、ポッコリおなかを解消!

③筋肉や血管をしなやかにして、血行改善!若々しい体を維持!

④肌の水分を保つ美肌効果!

一言で言えば、究極のアンチエイジングミネラル!美と若さを保つ必殺技!!

って感じでしょうか。