痔の手術リアル体験記byタカぴょん

痔の手術を4回した経験を踏まえた、生々しくかつ面白く痔について物語るブログです。

【痔の手術リアル体験記】治す為のグッズ編

ラリホータカぴょん21です。

 

3回目の痔の手術も無事終わり、この後また10年以上にわたる健康なおしり生活が始まりました。少し肛門を緩められる、さらに若干ちびる、といった症状が出ていますが、まぁ許容範囲です。時代は21世紀に入ったところです。

 

前回も触れましたが、携帯用ウォシュレットを買ったこと、また会社でトイレに行った時も、使い捨てあかちゃん用おしりふきを使って、とにかく清潔に保つことに努めたことも良かったと思っています。あらためてそれらについて調べてみると、最近ではとてもいい製品が出回っていることがわかりました。

少しご紹介しておきます。

 

<携帯用おしり洗浄機>

シュピーラー SP 170  (シュピーラージャパン)      手動式1,600円

携帯ウォシュレット YEW350  (TOTO)           電動式6,500円

携帯用おしりウォッシュソフト (レック)           手動式679円

シャワーウォッシュ F8240-m (富士商)          加圧式1,663円

ハンディー・トワレ携帯用 DLP300  (パナソニック)      電動式7,189円

携帯おしり洗浄機 (ビアエス)                                                       電動式2,680円

 

大きく分類してみると、

1.電動式(乾電池が主流、1部充電式)

2.手動式(手で握ったり、押したりする)

3.加圧式(ポンプの原理) 

の3つに分かれているようです。また用途的にも、

1.毎日あるいは頻度多めに使うもの

2.旅先や出先で数回使うもの

3.使い捨てに近いもの

の3つに分かれるようです。

 

値段にも結構幅があり、最近のラインナップはシーンに応じて、いろいろと選択することも可能になっているようです。

f:id:takapyon21:20190328224324j:plain
f:id:takapyon21:20190328224216j:plain
携帯用おしり洗浄機が一般名です。

私は当時パナソニックを使用していましたが、取り立てて不便さは感じませんでした。っていうかむしろ感動していたくらいですから...

アマゾン何かの口コミとか読んでみると、やはり手動式や加圧式では、シャワーのパワーに物足りなさがあるようです。またトイレによっては、不自由な体制で使用することもあるかもと想定すると、ボタン1つ押してオッケーの電動式はやはり魅力がありますね。

 

どうしても、私たちは通常のウォシュレットの基準で判断してしまいますからね、これは致し方ないことですが...清潔感、すっきり感を重視すれば電動式を選択したいですよね。もちろん、2~3回しか使い場がなければもったいないですけど、年に数回程度毎年使うのであれば、多少お金を使ってでも電動式を、それもメーカー的に安心感のあるTOTOパナソニックの商品を選択したいですね。

 

<赤ちゃん用のおしりふき

こちらはもうおなじみの商品名がめじろ押しです。以前と違って「あかちゃん用」にする必要もありません。メリーズ、パンパース、ムーニー、ネピア等々枚挙にいとまがありません。

水に流すことができれば、あとは感触や価格など個人個人の好みの問題かと思います。まぁ高いものでもないですからね。

f:id:takapyon21:20190327211342j:plain
f:id:takapyon21:20190325222415j:plain
とにかくお尻は清潔に!

私は当時1パック100枚入り位の物を持ち歩いていましたが、そこまでボリュームがあると、どうしてもふたが緩んできてだんだん中身が乾いてきてしまったり、持ち運びに意外と重かったりしますので、単価的には多少高くなりますが、もっとコンパクトなものを持ち歩いたほうがいいかもしれません。まぁ、これも好みの問題レベルでいいと思います。

 

先程健康なおしりをキープできたと書きましたが、実際のところは座薬を使うことがままありました。ただ病院に行くと言う事はなかった、というレベル感です。やはり便が固かったり、便秘や下痢をしたりするとたまに、

「ピキッ」

ていう痛みで、

「あっ、切れた...」

ということってありますよね。少し血がつくとか...

そういう時は市販の贅肉で対応していました。

 

<座薬>

大正製薬プリザ武田薬品ボラギノールが2大ブランドです。どちらも良い薬だと思いますが、片方に偏って使いすぎない、ということにを心がけていました。

なんとなくですが、1種類だけ続けているとその効能に、体が慣れてしまうような気がするだけですけど...

 

おしりふきはともかく、携帯用おしり洗浄機についてはそれなりの値段もしますし、それぞれの特徴がありそうですので、機会を見てまた詳細をお伝えしたいと思っているところです。

では本日はこの辺で。

タカぴょん21でした。ではまた、ラリホー